ケノンの使い方は部位によって違う?

ケノンは全身あらゆる部位の脱毛可能です。
家庭用脱毛器ですが、全身の脱毛に使用できます。
ただ、全身とはいっても部位によって脱毛するのが簡単ではないものだったり、注意が必要な部位などがあるものです。

そこで、ケノンを使用した部位ごとの脱毛ポイント、注意点についてご紹介していきます。
ムダ毛を無くすだけではなく安全に、そして効果的にケノンを使用できるようになります。
ケノンの使い方を部位によって変えることで、ケノンを使用した脱毛生活はとっても快適になりますよ。

カートリッジを使い分ける

部位ごとにカートリッジを使い分けるのは重要なポイントになります。
家庭用脱毛器のケノンですが、自宅にいながらにしてエステサロンと同じくらいの本格的なお手入れをすることができ、発売当初から長年絶大な人気を誇っているのです。

ワキや指などといったお手入れをしたい部位の範囲が狭ければ、フラッシュ照射面積の狭いカートリッジを使用するのがおすすめです。

お手入れしたい部位の範囲が狭ければ、フラッシュの照射面積が狭いカートリッジを使用するのがおすすめです。
また、男性のヒゲのように特殊な部位に対してお手入れをしたい時には専用カートリッジを使用するとケノンの非常に優れた脱毛光かを実感できるようになります。

足など無駄毛が広範囲に生えている場合にはフラッシュの照射面積が少しでも広いタイプのカートリッジを選択するのがおすすめです。

広い範囲でも効率よくお手入れしていくことができますので、お手入れ時間の短縮効果を望むことができます。

強さを調整する使い方って?

フラッシュを照射するときには強さを調整します。
その他の家庭用脱毛器と比較するとケノンが非常に優れているといわれていますが、フラッシュを照射する時には10段階で調整することができます。

刺激に弱いデリケートゾーンのお手入れをする時であったり、お肌が敏感でフラッシュの光によってトラブルを起こすのが心配、という人は照射レベルを低くしてからお手入れをはじめると安心です。
そして慣れてきたら少しずつ照射レベルを上げていってください。

わき、すね毛、Vラインのような太い毛というのは照射レベルが弱い状態で照射したとしても、脱毛効果を十分に実感しにくくなります。
保冷財でしっかりと肌を冷却したうえで、ある程度の強い照射レベルでお手入れをして、冷却材でクールダウンも忘れずに行うようにしてください。

部位ごとにレベルを調整する、という使い方をしていれば、火傷などのお肌トラブルが起きてしまうリスクを最小限に抑えながらムダ毛を処理できますので、他の家庭用脱毛器と比較をすると少し高額な本体価格ではありますが、他の家庭用脱毛器に比べて優れた脱毛光かを発揮します。

ケノンを腕や脚などの部位に対して使用する時には、家庭用脱毛器として圧倒的人気があります。
脱毛器だけではなく美顔器として使用できるというのも大きな魅力の一つだといえます。

好きな時にお家でゆっくりと自分のペースでできるというのが素晴らしいところです。
サロンで脱毛をするように、効率よく脱毛したいものですよね。

腕や脚など比較的皮膚の強いとされている部分は心配することなく照射できますが、お肌を守るため、痛みを軽減するためにも冷やすというのはとても重要です。

基本的には照射するだけですが、照射もれがないように水性ペン等を使用して、照射が終わったところに印をつけながら照射を勧めていきましょう。
そうすればきれいに脱毛できますよ。

色々なケノンの使い方

ケノンは他の脱毛器に比べるとカートリッジの照射面が非常に広くて使いやすくなっています。
ただ、それでもサロンに比べると照射面は狭くなっています。
そのため、できるだけ照射漏れがないように注意すべきです。

肩や二の腕、ふくらはぎ、太ももなど裏側は自分で確認しにく部位もあります。
そのため、1人で照射をする時にはとても大変なのですが、特に腕や脚は女性がムダ毛を気にする部分でもありますので注意して照射しなければなりません。

ケノンで背中や腰など見えない部位を脱毛する時にはどうすれば良いのでしょうか。
脱毛サロンで背中、腰を脱毛する時には施術してもらえるのですが、ケノンではかなかそうはいきません。
背中だろうと腰だろうと自分でやらなければなりません。

体が柔軟な人なら少しくらいは背中なども脱毛できるかもしれませんが、それでも限界があります。
やはり最も簡単なのは、ご家族や友人に手伝ってもらうというのがベストです。
照射漏れがないように注意をしたいのであれば、やはり他の人に手伝ってもらうのが確実だからです。
自分で見えない部分を脱毛するよりはよっぽどきれいに仕上がりますよ。

自分でやると、見えない部位ですのでムラができやすくなります。
家族にやってもらうというのが一番です。

照射ボタンを押して照射するのではなくて、オートモードを使用して照射ボタンを押さずに自動で照射されるモードを使ってください。
そすうれば、脱毛したい部位に自動で照射してくれるのでおすすめです。

コメント