脱毛と美顔は併用しても良いの?

脱毛した時にはついでに美顔をしたいと思います。
脱毛の後に美顔器を使用すると、火傷や赤み、かぶれといった炎症の恐れがありますので、同じ日に使用するのはおすすめできません。

顔に万が一のことがあったらとても大変ですので、脱毛をしたら1日おいて美顔器を使用してみてください。
もちろん逆でもOKです。

美顔器を使うタイミングは?

美顔器を使うタイミングですが、お風呂上がりのスッピン状態がとてもおすすめです。
メイクや日焼け止めをきれいに落としてから使用しなければ効果が半減します。
使用の際にはきれいなお肌の状態で使用してください。

ケノン美顔器の効果ですが、この美顔器の効果としてはシミ、ほうれい線、そばかすに効果的です。
このケノンを使用する時にはいくつか注意点がありますので、ご紹介します。

まず、脱毛をする前にはシェーバーを使用して毛を剃ります。
そして保冷剤でしっかりと冷やしていきます。
脱毛開始をしたら、必ずレベル1で照射テストを実践してくださいね。
脱毛後保冷材で必ず冷やすようにしてください。

そして保湿です。
大切なのは施術部位をしっかり冷やすというのが重要です。
しっかりと冷やさなければ痛いですし火傷をしてしまいます。

冷やす際におすすめなのが、アイス枕になります。
付属の保冷材とひかくをすると大きいですし、ジェル状になっていますので、体のラインに沿って冷やすことができますよ。

特に痛みを伴うVラインというのは色素沈着を起こしている部位ですので、しっかりと冷やさなければとても強い痛みが出てしまいます。

サロンで脱毛したときにもVラインの粘膜に近い部分は強い痛みを感じます。
粘膜付近は皮膚が薄いうえに、密集していますし、太い毛が生えているので痛みが強いんですね。

つまり、毛根が深い場所、毛量が多い場所、毛が太いm色素沈着をしている部位というのは脱毛時における痛みが大きいのです。
VIOやヒゲ、わきなどはこのような部位になります。

つまり、VIOやワキ、ヒゲといった部分が特に痛みを伴います。
これらを改善するうえで重要になるのが、冷やすこと、そして保湿することなのです。
肌の乾燥を防ぐことで痛みも緩和されますし、冷やすことと保湿することはセットで行うようにしてください。

火傷や肌荒れを起こさないようにするには、照射テストもとても重要になります。
肌の状態は体調にも左右されますので、体調が良い日にレベル1で照射テストを行って、お肌の状態を確認してみてくださいね。

美肌脱毛のミュゼプラチナム

コメント